サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス


[会社URL:https://www.kohei-sandart.com/
Info Rush

披露宴・結婚式・各種イベントでお楽しみ頂けるサンドアートパフォーマンスのご依頼はこちらへどうぞ。ガラスの上をバックライトで照らし、砂の絵を次々と変化させてストーリーを展開していきます。様々なテーマのサンドアート演目からお選び頂く事が可能。


絵画の関連情報

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サンドアートは、砂を利用した芸術活動です。日本では1996年頃から知られる様になりましたが、世界各国でサンドアートは楽しまれています。サウンドアートを人が見て楽しめる様にしたのがサンドパフォーマンスです。ガラスの上の砂をバックライトで照らして、砂絵を次々と変化させて、見ている人に感動を与えます。サンドアートの魅力は、他の方法では表現できない様な温かみが特徴だと言えます。パフォーマンスは、他分野の芸術家とコラボレーションなども行い、今まで見たことが無い様な演出をすることができます。代表作は、男女の恋愛と結婚をテーマにした「指輪」と言う演目です。考えに考え抜いて作った作品ですが、見ている人の心をさらに動かせる様に日々マイナーチェンジされています。パフォーマンス時間は約9分です。子供におすすめの「アニマル」と言う演目もあります。展開が早いのが特徴の作品になります。「アニマル」の改訂版「アニマル2」もあります。「アニマル2」もよりいい作品になる様にマイナーチェンジを加われています。子供と大人が一緒に楽しめる作品です。「夢物語」と言う演目もあります。女性がかわらずに持っているロマンティックな願望を取り入れた作品になります。年齢問わず女性におすすめの作品です。パフォーマンスに関しては、「質が高い・人に喜んでもらえる・自分が描いて楽しい」を大切にしています。お金を払ったことを後悔しない様な質の高さが売りです。見ている人目線で考えたパフォーマンスなので、見ている人の気持ちを強く高揚させるパフォーマンスだと言えます。パフォーマンスをしている側も、楽しんでいるのでその気持ちが伝わると思います。サンドパフォーマンスは、テレビなどで取り上げられているので認知度は高まっています。ただ、まだ直接見ていない人も多いでしょう。サンドパフォーマンスは、実際に見るとその魅力がダイレクトに伝わります。想像しているものより生のサンドパフォーマンスは一味も二味も違うと思います。
Tagged on: ,サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス