INTER TECH



Info Rush

株式会社インターテックはお客様一人ひとりに合った、オーダーキッチンを設計製作しております。デザインと機能性を追求した高品質のキッチンを是非、東京・名古屋・大阪・埼玉のショールームでご覧下さい。洗面台の設計製作、オーダー家具のご依頼もどうぞ。


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

家族の背の高さによっては、吊戸棚が使いにくかったり、脚立や踏み台が必要になってしまうキッチンもあります。家族の伸長に関係なく、足場を心配しなくても良いようにできるのが昇降式電動食器棚です。建売分譲住宅の新築でなくても、リフォームでオーダーキッチンにすれば施工できます。水廻りで濡れやすい床まわりでも、背伸びせずに食器の出し入れ作業がスムーズに行えます。オーダーキッチンは間取りとしての広さだけでなく、設備機器を新調するのにも効果的です。昇降式電動食器棚は、施工事例が豊富な工務店や事業者に依頼するのが安心です。メーカー品の取り扱いは、工務店によって対応が異なりますので、新築一戸建てでは選択できないこともあるのですが、施主でメーカーを選べるシステムのオーダーキッチンにすれば自宅に備え付けられます。昇降式電動食器棚のポイントは、電気を使用しているのでスイッチ一つで簡単に操作できる点です。背伸びしなくても安全に作業できる位置まで降りてきますから、食器棚の清掃も安全に作業できます。汚れにくい素材で設計されるので、簡単な拭き掃除だけで維持管理できるのもポイントです。洗った食器類の収納スペースなので、基本的に汚れにくく、衛生的に維持管理しやすいのですが、調理中の油脂成分が蒸発して付着する場合もあります。簡単な拭き掃除で手入れできれば、油汚れを放置しなくなりますから、油のごびりつきが原因による見た目の悪さや気になる不快な匂いも防止しやすくなります。昇降式電動食器棚は積載重量があるものの、かなりの重量にまで耐久性が発揮されますので、事前に食器類を把握しておくと、施工業者との話し合いがスムーズです。家族が食器類の重量そのものを計測しなくても、所有している食器の種類と枚数とで推測できます。皿の枚数が判明するだけでも、おおよその積載重量との比較ができるからです。昇降式電動システムは、食器棚の他にも応用されていますので、必要に応じて作業台や流し台も検討対象にできます。
Tagged on: ,INTER TECH