星野総合商事株式会社


[会社URL:https://www.hoshino-z.com/system_lp.html
Info Rush

BCPは防災・防犯資材の総合商社【星野総合商事】へ。災害時の備蓄品は、日頃の業務フローでは在庫管理の難しいものです。防災用品を扱う弊社では、非常食や水、医療品などの消費期限の確認から在庫チェックまで、備蓄品データを管理するシステムを無料で提供します。


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

BCPは防災の一環であると同時に、事業継続計画を意味しています。地震の発生津波の影響を始めとして、台風の強風や竜巻などの風圧被害や集中豪雨やゲリラ豪雨による水害など、自然災害に対する警戒心を基軸にした計画です。人命や財産を守るための計画は、一般的に防災計画と呼ばれています。防災計画では建物の倒壊予防や、損傷軽減などの対策も含まれています。その一方で、事業継続計画のBCPでは、いかにして復旧するのかが重要テーマになっています。人命を守り、財産を守ったその先にあるのは、災害からの復旧であり、いかにして日常生活と事業を取り戻せるかの課題です。命が助かったからこそ、生き抜くためにも互いに力を合わせて困難を乗り切り、再びかつての日常生活を取り戻す姿勢が込められています。事業継続計画では、立ち直るノウハウの他にも、二次災害に対す予防も重要課題です。二次災害は、同じ災害の繰り返しだけではなく、荒廃してしまった地域が非衛生的な環境になってしまったときの感染予防やウイルス対策も含まれています。健康状況が悪化しないための対策と言っても良いでしょう。復旧のためには健康も大切ですし、日常を取り戻すための作業を円滑に行うためにも、健康と安全への配慮は必要不可欠です。どのようにしたら復旧できるのか、復旧のために準備しておく物品は何か、そのような課題に正面から向き合っておく必要が出てきます。準備しておく物品は、飲料水や食料品を筆頭に、衛生のための簡易トイレや、怪我への対策である救急用品と、病気になった場合の薬などです。いずれも清潔に管理しておく必要がありますので、保管場所も重要課題です。どこに保管してあるのか、どれだけの量を備蓄しているのかを、いつでも把握できるようにデータ化しておけば、もしものときの備えになります。個人で対応するよりも、複数の人員で対応しておけば、情報の伝達がスムーズですし、継続性を担保しやすくなります。
Tagged on: ,星野総合商事株式会社