東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園


[会社URL:https://www.future-jidoen.com/
Info Rush

英語の保育なら「FUTURE児童園」へ。当児童園は、2歳から6歳の子供に英語による保育を東京都世田谷区、大田区、中央区、北区で展開しています。子どものグロ−バルな未来と将来性をのばすオリジナルカリキュラム教育と保育を提供する児童園・プリスクールです。


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

日本の社会では、少子高齢化の影響により、国内における経済活動が著しく落ちるとされています。企業が、営業活動を海外に向ける必要性があり、英語が話せる人材を求めなければならない時代が訪れます。公立の学校においても、小学校からの英語教育が始まりを見せつつあります。しかしながら、公立で学ぶ英語教育は、話せる英語では無く、知識としての英語で終わってしまう可能性も高くあるはずです。そのため、企業が求める人材とはかけ離れた結果に終わってしまいかねません。英語は、頭で理解するのでは無く、話したい純粋な心の気持ちが語学を身に付ける力ともなります。話したくなる純粋な心を持つ時期は、幼少期が最も高く、この時期に英語教育を行えば、語学力は飛躍的に高く身につけやすくなるのです。児童に対する英会話は、時間で区切った中で教育を行うよりも、出来るだけ長く行った方が望ましい場合もあります。公立で学ぶ様な時間を区切っての英語教育は、英語を道具としての知識で終わってしまう可能性も高く、生活としての話せる英会話力に繋がりにくい場合もあるためです。もちろん、一日中、英語しか話さない環境は、英語を聞き取る量と英語話す量も多くあり、英語力を高める結果ともなるでしょう。人は、人から教わった内容よりも、自らが知りたい欲求を抱え、その答えに出会えた場合、強く記憶に刻み込まれる働きがあります。一日中、英語でのお話は、英語の話し方について知りたい欲求も芽生えやすく、率先的に英語の知識を吸収する働きも働きやすくなるでしょう。隠された効果として、一日中英会話の方針による幼児教育は、児童同士の英会話が大いに力を高めてくれる場合もあるのです。純粋な心を持つ幼児は、同じ幼児の気持ちも把握しやすく、その表現方法を言葉として理解しやすいからだとも考えられています。話せる英会話を身につけるためには、様々な環境が必要です。勉強としての英会話のみならず、音楽やアートなどの環境は、自発性が高まりやすく、英語含め学ぶ楽しさをも覚えてくれるでしょう。
Tagged on: ,東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園