海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会


[会社URL:http://www.kidney-tp.org/
Info Rush

海外の腎移植手術に関する情報は「海外腎移植事情研究協会」へどうぞ。海外で の腎臓移植手術について30年以上の実績を有します。出国から帰国まで最短2週間。帰国後のアフターケアも万全。まずは先輩患者さんから海外腎移植の体験談と当会の信 頼性をお聞きください。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外での腎移植を希望しているのであれば、1987年に設立された専門の協会に相談してみることができます。これまでに30年を超える豊富な経験を有しており、出国から帰国するまでしっかりとサポートしてもらうことが可能です。現地でも通訳をはじめとするサポートを24時間いつでも受けられる体制が整っているため、安心して依頼することができます。海外にある拠点は北米エリアとヨーロッパに1つずつで、アジアでは3ヶ国に増えることが計画されています。この協会がこれまでにサポートしてきた患者数は120名にも上り、その中には医師や歯科医も含まれています。人工透析というたいへんな治療から解放され、好きなものを食べたり旅行をして人生を満喫したいという場合には腎移植手術を受けることが近道だと言えます。このサービスを受けることができるのは、透析療法をスタートしてから10年未満で70歳以下の人です。またパソコンなどでメールの送受信もできる必要があります。ドナーには移植する前に肝炎やHIV、結核といった感染症の検査がきちんと実施されているため、安心して手術を受けることができます。ドナーの平均年齢は28歳となっており、20代という若い人から臓器が提供してもらえることがわかります。基本的にドナーと会うことはありませんが、双方の合意の上で面会することもできます。海外で手術を受けた場合、帰国後のケアはどうなるのかと心配する人がいるかもしれません。この協会であれば信頼できる移植専門医のケアが受けられるので、帰国してからも安心して過ごすことができます。移植後のケアにかかる医療費には厚生医療が適用されるようになっているので、負担金も比較的少なく安心して受けられます。パッケージには事前検査や交通費、10日分の入院費用や薬剤費などが含まれています。出発から帰国まで約2週間のスケジュールとなっています。質問がある場合には気軽にかけられる電話番号が用意されています。
Tagged on: ,海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会